知っておくべきタンゴの基本

TRMダンス:知っておくべきタンゴの基本

TRMダンススタジオに登録するときに、タンゴの基本を学びましょう。熟練したタンゴの先生が、この美しいダンスを学ぶことを通してあなたとあなたのパートナーを導きます。また、授賞式のワークショップの最後に、あなたの才能を披露するチャンスもあります。あなたが私たちのチームに連絡するとき、これについてもっと知るようになります!

歩数を数える

タイミングはタンゴのすべてです。あなたは音楽のビートまでの歩数を数える方法を学ぶ必要があります。タンゴは、8つの音楽カウントに5つのステップを踏んで構成されています。これは、ビートに移動するときに、スロー、スロー、クイック、クイック、スローのテンポで完全にタイミングが調整されます。 

正しいタイミングを学ぶのは難しいですが、一度習得すれば、手順を覚えておくとタンゴが楽になります。さらに、パフォーマンスをさらに向上させることができる、速いステップと遅いステップの間のさまざまな劇的な動きを学ぶことさえできます。 

タンゴフレームタンゴを

学ぶとき、体を正しく保持することも重要です。それはあなたがダンスを会話にするあなたのパートナーと一緒に動くときのあなたの体のシルエットについてです。あなたはあなた自身の体とあなたのパートナーの体を理解する必要があります。 

あなたのパートナーとのパターンを確立するか、彼らとの親密なダンスのつながりを築くのは良いことです。これは、タンゴを踊っているときに、それらと一緒に滑らかに動くのに役立ちます。 

タンゴダンスのポジションは閉鎖されています。これは、動きを流動的でコミュニケーション的にするためのリードとフォローがあることを意味します。リードの右手は フォローの 左肩にあり、左手は保持する側に伸びてい フォローの 右手をます。

のために フォロー、自分の右手には、鉛の右腕ダウン途中で休まなければなりません。ただし、リードが音楽のビートに適切に移動できるように、腕に重みをかけないでください。 

ダンサーの頭も側面を向いている必要があります。リードは左側を見て、フォローは反対側を見る必要があります。背骨もまっすぐで、頭が向かってわずかに後ろに傾いている必要があります フォローの 頭に。 

5つの基本的なステップステップ

タンゴダンスには5つのがあります。複雑ですが、5つの簡単なステップで簡単に理解できます。

ステップ1(遅い) -リードは左足を前に踏み出し、フォローは右足を使って後ろに踏み出すことで動きを反映します。

ステップ2(遅い) -リードは再び前に進みますが、今回は右足を使用し、フォローは左足を使用して後ろにステップすることで動きを反映します。

ステップ3(クイック) -リードは左足を使用してすばやく前進し、右足を使用して右にステップする準備をします。

ステップ4(クイック) -このステップでは、「足を集める」テクニックを紹介します。これは、リードの右足が左に沿って上がってから、再び右に踏み出すことを意味します。 ステップ5(遅い) -このステップでは、タンゴの蒸し暑い面を紹介します。ダンサーがステップ1を繰り返す前に、左足がわずかに右にドラッグします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *